別荘

 誰でも一回は別荘に行ってみたいと思うはずです。ましてや別荘の代名詞、軽井沢なら当然の事だと思います。最近では50周年記念とテレビで大々的に放送された某皇室の事もあって少し別荘に注目されたのは事実です。この別荘ですが実際に所有するとしたらどの位大変か判りますか?殆どの方は「別荘」と言う優雅な名前にだまされて別荘の本質に気がついていない筈です。このページでは別荘がどのようなものなのか、また別荘の種類ついて簡単に書いていこうと思います。

 まず初めに「別荘」の意味ですが、本来別荘とは、住居している家とは違う建物に保養や避寒・避暑を行なう建物の事を言います。この別荘の起源は日本では以外に古く、平安時代には天皇や貴族などがすでに行なっていた事があり、いま現在でも天皇は毎年避暑地に赴くそうです。現在では貴族はいませんが一部の高級官僚や金持ちなどが別荘を所持し、夏になると避暑の為別荘に非難するするそうです。実に一般人には手の届かない代物か判っていただけたと思います。以下に別荘の立地形態を簡単に書いていきます。気になる方は何となく読んでみてください。

 

戸建て

 別荘における最も基本的な形で、風景や景色の素晴らしい山中や目の前に青い海が広がる海岸沿いなどに建設される事が多いです。また有名な観光地の近くにも建設される事が多く、その場所から少し離れた場所に別荘が乱立している事も有ります。戸建ての特徴は別荘自体が独立しているため多少の騒ぎを起こしても近隣住民迷惑が掛かり難い事や休養のためにきているため、他人と関わりあう事が少なく自分の時間を造れるのが特徴です。そのため人間関係に疲れた方にはオススメの別荘なのですが購入費も高く、別荘を購入後も維持費が必要な為、一般人には中々購入できないのも事実です。しかし最近ではバブル時期に乱立した中古別荘が手頃な価格で売買されているため各不動産会社が団塊の世代を狙ったマーケティングを展開しています。

 戸建てのデメリットは前記にも書いた通り別荘の維持費が掛かりすぎることです。別荘は言い方を帰れば一戸建ての家をもう一つ持っている事になるので土地代あや光熱費、水道代、と言った各種税金も当然治める事になります。また1年で別荘にいる期間はほんのわずかなため別荘の傷みが速く台風や深雪時に確認に行かないと窓ガラスが割れていたり屋根が崩れていたり倒壊の危険性があるからです。最近では個人の別荘でも不動産会社や警備会社に依頼し管理してもらう所が殆どです。中には別荘の所有者が宿泊しない期間はレンタル別荘として貸し出しているモノもあるので興味がある方は各種警備会社や不動産会社に詳しく聞いてみるのも良いかも知れません。最近では観光用にレンタル別荘も登場しており一般人でも手頃な価格で宿泊できるますので優雅なセレブ気分を味わいたい方にオススメです!

Copyright (C) 2009 物件のあれこれ. All rights reserved.